オシャレで機能的な住宅を建てるなら輸入住宅をご検討ください

夜のおしゃれな建物

長期的にみるなら輸入住宅は専門業者でつくろう

三角屋根の家の住宅区

家づくりにおいて顔ともいうべき外観のデザインはとても重要です。なかでも海外テイストの輸入住宅は人気が高く、石造りやレンガを使ったイギリス風の外壁や真っ白な漆喰がナチュラルなヨーロピアン風など、日本のハウスメーカーも積極的に海外のテイストを取り入れています。
では日本のハウスメーカーが提供する海外テイストの住宅と専門業者が扱う輸入住宅の違いは何でしょうか。
まず一つに建築費用が挙げられます。日本のハウスメーカーのように海外デザインの部材や素材を輸入して内装や外装に取り入れるよりも、海外業者と提携し独自の輸入ルートを持つ専門業者のほうがコストを抑えられるため、日本のハウスメーカーよりも建築費用が割安になりやすいといえます。
さらにハウスーメーカーごとに基本寸法の異なる日本に対して、海外のハウスメーカーは統一されているのも大きなポイントです。
仮に建築後に何らかの部材が損傷したとします。使用していたA社の部材が手に入らない場合でも、基本寸法が同一のB社やC社の部材で代用することができるからです。海外から輸入するため取り寄せに多少の時間はかかるものの、保証や定期点検といった長期的なアフターサービスも考慮すると、輸入住宅は専門業者へ依頼するのが一番ではないでしょうか。

草原の家

30坪の敷地に最適な輸入住宅の建築プラン

お洒落な輸入住宅を建築したいと考える場合には、まず最初にハウスメーカーの展示場を訪れることが多いです。しかし展示場の建物は非常に大きく、都市部の30坪程度の敷地に家を建てる場合の参考にならないの…

MORE

INFORMATION

UPDATE POST

TOP